So-net無料ブログ作成
検索選択

クランクアップの地への旅 [レポとか旅の話とか]

台北駅.jpg端芳.jpg平渓線の車両.jpg





野球大会の次の日、ここからここで乗り換えて、ここに行ってきました。
駅2.jpg坂道.jpg太郎の家.jpg





F4さん達のドラマ等でも見たことのある場所です。
平渓線が台風で不通になっており、端芳の駅で途方に暮れた日から早4年。
その時は「流星花園2」や「貧窮貴公子」のロケ地として行くつもりでした。
まだまだ、孫協志さんと言う人を認識していなかったあの頃。
そしてついにやってきました。想像以上の観光地で人が一杯でした。
ベンチ遠景.jpg線路.jpg駅舎.jpg





私にとっては、こんな風景が大切なわけです。
ここは「西街少年」のロケ地として訪れるべき所だったわけですねえ。
ベンチ大.jpgクランクアップ.jpg呂光号.jpg






そうなのこのベンチ。たっぷりと座ってきたことは言うまでもありません。
多くの人は十分とか、平渓とかで降りて観光するのですが、
私はそのあたりは全然興味なかったので、終着駅菁桐のみ見てきました。
幹線部分は往復とも莒光号を利用しました。
週末の台鉄は大混雑。行きも帰りも立ちっぱなし。
予定を立てて、早めに切符買わないといけませんわね。
コメント(4) 

コメント 4

タム

ロケ地に疎いため、あの廃駅みたいな場所が
どこにあるのか、調べようと思ったことがありませんでした。
なるほど〜、物語の鍵となった駅は、平渓線の終点だったのですね。
キャプ画像の亞魚、懐かし過ぎです。
「西街少年」のロケ地として旅できて良かったですね〜(笑)

機会があれば(電車乗る機会あるかな?)行ってみたいと思います。
by タム (2008-12-17 19:14) 

kakaka1

私も久々にDVD取り出して、懐かしと思いました。
結局日本語版が出たのは「西街少年」だけだったですね。

週末の平渓線は激混みです。
そして、帰りの電車が出るまで2時間。暇でした。
平渓から、歩いて来ている人とかもいて、
なるほど、そんな楽しみもあるのだな〜と思いました。
なぜか自転車の人達もたくさんいましたよ。
十分の滝は電車のなかからチラッと見えました。あれで充分。

平渓線は1日乗り放題のチケットがあるので、乗り降り自由です。
是非とも、平渓線に乗って下さい!!

本当はこの後、鶯歌に行くつもりだったのですが、
立ちっぱなしで疲れたので、やめました。
次は鶯歌陶瓷博物館に是非とも行きたいわ〜。
こうして地味にロケ地の旅は続くのです。
by kakaka1 (2008-12-17 20:30) 

3太太

大変ご無沙汰してました(汗)。
やっとこさで重い腰を上げて、新しいパソを入手しました。
こちらにもまたお邪魔させて下さいませ(ぺこり)。

野球する可愛い協志さんも素晴らしいですが、ロケ地巡りも素敵です♪。
私もこの春台湾へ行った折に、鶯歌陶瓷博物館まで行って来ました。
もふ少し足を伸ばせば、西街@ロケ巡りができたんですね…(涙)。
頑張ってみればよかった。。。
そしたら、ちょこっとだけでも小梨の気分が味わえたのかも。

博物館は予想以上に楽しかったですよ♪。
でもあの辺りは風が強くて、入館するまでに入り口の噴水で
ズブ濡れになっちゃいましたが。
今なら「命中~」ロケ巡りコースってとこですかね(笑)。
by 3太太 (2008-12-17 23:50) 

kakaka1

3太太さん、お久しぶりですね〜。
私も、春頃から書くこともあんまりなかったので、
あまり更新もしておりませんからねえ。
ここに来て、野球盛り上がりしてますけど。

菁桐は鶯歌とは、台北を挟んで反対側なんですけど、
1日で回れないことはないと思ってたのです。
が、なにせ出発がのんびりだったので断念しました。
「鶯歌陶瓷博物館」はMVP情人のロケ地です。
それと、お茶好きなので是非行きたいと常々思っているのですが、
近いのになかなか行くことができません。
台北市内にも行きたいところが一杯だ!

今回、ロケとか関係なく台北で行った所があるのです。
なにをいまさらな所に行ってみました。
そのうち、書いて失笑を買うことにします。
by kakaka1 (2008-12-18 00:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。