So-net無料ブログ作成
検索選択
レポとか旅の話とか ブログトップ
前の10件 | -

会場です。 [レポとか旅の話とか]

全体W.jpg店内W.jpg小出しですみません。一枚目は会場を設営しているところです。2枚目はサイン会真っ最中、協志さんはこの奥でサインをしています。雰囲気伝わりますでしょうか?
コメント(2) 

喬版大とくつちゃんと協志 [レポとか旅の話とか]

喬版大w.jpg協志&喬版大w.jpgくつちゃんW-.jpg





今日も仕事が忙しかった。無秩序に並べていることをお許し下さい。
最後にいつもの協志さんのポーズで和んでください。明日もがんばりましょう〜。
サイン会2.jpg
コメント(6) 

サインとポスターと仁甫さん [レポとか旅の話とか]

サインw.jpgポスターw.jpg協志と仁甫w.jpg




サインは本の表紙に書いてくれました。おまけのポスターはこんな奴です。そして仁甫さん。
サインは今までで一番きれいかも。ちょっと嬉しい私。
今日はこれくらいで…。
コメント(6) 

占いを訳していました。 [レポとか旅の話とか]

「志遊・自在」の126ページに出ている占いを拡大コピーして、その場で中国語に訳したようです。赤ペンの部分を書き込んだみたい。取り急ぎお土産動画
コメント(0) 

「志遊・自在-孫協志東京自慢之旅」サイン会 1 [レポとか旅の話とか]

東京サイン会.jpg先程帰宅。取り急ぎ一枚のみUP。
会場は書店内なので、予想はしてましたが、想像以上に狭い!前が見えません!
詳細は追ってボチボチ。
といっても、あんまり書くことがないかな?歌とかもちろんなし。
日本語は私としゃべりました。ちょっとだけ。
とても緊張してたので、言葉に詰まってしまい、私の日本語の方が怪しいかったかも。
今回は、手助けをしてくれるお友達が来てくれたので、なんとか写真動画撮れました。
そうでなければ、人の頭だけの画像ですみませんになってました。ありがとう、お友達。
そうそう、サイン会を待っている時、いきなりキラキラしいオーラ全開で仁甫さん登場〜。
眩しかったです。
コメント(2) 

クランクアップの地への旅 [レポとか旅の話とか]

台北駅.jpg端芳.jpg平渓線の車両.jpg





野球大会の次の日、ここからここで乗り換えて、ここに行ってきました。
駅2.jpg坂道.jpg太郎の家.jpg





F4さん達のドラマ等でも見たことのある場所です。
平渓線が台風で不通になっており、端芳の駅で途方に暮れた日から早4年。
その時は「流星花園2」や「貧窮貴公子」のロケ地として行くつもりでした。
まだまだ、孫協志さんと言う人を認識していなかったあの頃。
そしてついにやってきました。想像以上の観光地で人が一杯でした。
ベンチ遠景.jpg線路.jpg駅舎.jpg





私にとっては、こんな風景が大切なわけです。
ここは「西街少年」のロケ地として訪れるべき所だったわけですねえ。
ベンチ大.jpgクランクアップ.jpg呂光号.jpg






そうなのこのベンチ。たっぷりと座ってきたことは言うまでもありません。
多くの人は十分とか、平渓とかで降りて観光するのですが、
私はそのあたりは全然興味なかったので、終着駅菁桐のみ見てきました。
幹線部分は往復とも莒光号を利用しました。
週末の台鉄は大混雑。行きも帰りも立ちっぱなし。
予定を立てて、早めに切符買わないといけませんわね。
コメント(4) 

「2008明星公益棒球賽」見物記番外編2 [レポとか旅の話とか]

Tシャツとボール.jpg2008パンフレット.jpg「2008明星公益棒球賽」で手に入れた物です。

Tシャツとボール。両方とも限定50とかでしたが、なぜかTシャツは売り出した時点で26枚でした。一人一つずつということでした。Tシャツを買った時点で、まだボールが買える状態だったことも、今回の敗因…。まあいいけど。いいけどね、サインボール欲しかったな…。

秩序冊。パンフレットみたいなものです。メンバー紹介とかでています。これは、レシートを10枚持って行くと交換してくれる4種類のグッズの一つ。前日夕方台湾について、こまめに買い物をしてレシート集めをしました。結構大変。CDを一枚ずつ買ったりとかね。しかし、後で覗いたら50元で売ってました。まあいいけど。買い足したし…。

あと、ポスター。入場券を見せたらくれました。
コメント(2) 

「2008明星公益棒球賽」見物記番外編1 [レポとか旅の話とか]

openカイロ.jpgマジ野球のお話はひとまず終了。当日の話を少し。
私が台湾に着いたのは試合前日の11月28日夕方だったのですが、ここはどこですか??の寒さ。そして試合当日の朝、台北は結構な寒さだったのですが、台中についたらとても暑くて半袖でも大丈夫。
少し南だからかなと思っていたのですが、夕方になり試合開始の頃には、風が吹き始め震えながらの観戦でした。もう寒くて寒くて、Sさん、そしてSさんのお友達のCさんと3人でがっつりと油もん食べながらカイロを握りしめておりました。(会場で売られていたイカの練り物揚げは大変美味でした。)カイロは7-11で買い込んでいたOPENちゃん。可愛い〜。
やはり台湾といえども、11月末の屋外イベントは防寒対策は大切だなとおもいました。

宝覚寺.jpgこの写真は球場に行く途中に立ち寄った布袋様です。どのガイドブックにも載っていますが、台中のタクシーの運転手さんは知らないようで、電話で聞いてました。
雲一つない快晴のお天気。この後の寒さは予見不可能〜。
試合中のグランドもとても寒かったことでしょう。しかし、半袖で闘っている人もおりましたけど。

コメント(5) 

「56喝采台灣唯一簽唱會」4 [レポとか旅の話とか]

台北では、まだまだサイン会が続いていましたが、私は中壢へ移動。
中壢は去年「愛的奇蹟3」のサイン会で行った事がある場所。
と言っても、全然知らない所も同然。でも、ちゃんと行けました。
え〜まだまだ人は少なくて、位置としては良い感じの前から3列目でした。
が、お隣に日本大好きのアニメ大好きのお兄さんがおりまして、
浜崎あゆみとかNEWSとかのCDを出して日本語で話しかけてくれます。
すみません、よく知らないのです。
私は、あなたの国の孫協志さんを見るために、中壢にやってきたような人間なのです。
まあ、取りあえず「やましたともひさ」の発音を直してあげました。
そして、彼が大きな声で「日本人がいる」とかすごい事アピールしてくれるので、
かなりというかすごく恥ずかしかったです。

56の皆さんはかなり遅れて到着。その頃には日もくれて暗くなってました。
 
到着後すぐに「漫遊中国」を歌い、ちょっとしゃべって「月兒光光」を歌い、サイン会開始。
なので、特に書く事もありません。協志さんのお手振りが多くて可愛かったです。
 
本日2度目なので、3名様にはほとんどなにも言うことなく通り過ぎます。
協志さんには「このCDが出るのをずっと待ってたのです。」
「コンサートをしてください。」と言っておきました。
 
中壢には香港の方はたくさん来てました。それとフィリピンの方もいました。
やはり、56がプロモに行かない所の人は来るのだなと妙に共感をおぼえました。
香港はその後行く事になったので、良かったなと思います。頑張ってたものね。
そして、寂しく台北に帰った訳です。
帰りは寂しいよ〜。次は改版が出たらまた来るよ!と誓ったのでした…。

改版がでない今となっては、本当に参加できて良かったなと思っています。
まあ、こんなところです。平和に帰ってきました。
そうそう、中壢のサインは黒ぺンでした。


nice!(0)  コメント(0) 

「56喝采台灣唯一簽唱會」3 [レポとか旅の話とか]

当日は、まずサイン会会場で正式版を必要数購入。ここで買うとポスターくれるんですよね。
一応ランキングに少しでも貢献をと、ローズで買ってみました。
去年のJ-Starお年玉袋いただきました。ちょっと嬉しい。
で、ホテルにポスターを置いてから、10時過ぎに西門町に向かいます。
やはり、預購版を交換することにしたのです。
なぜなら、100元でハグだけして、CD買わなかった奴がいるなんて誤解されるのもねぇ。
やじゃないですか。ハグしてないし。と思ったのです。
5大唱片は、実にまだ開いてませんでしたが、今回唯一見た5566の宣伝を撮影してみました。
 
すると写ってますよね。右側の中央の行列。これは飛輪海の行列ですよー。
西門町の駅のあたりからファンのみなさんを見かけました。
そんなこんなしながら、CDに交換して台北駅に戻ります。
11時ちょっと過ぎてましたので、並びに出遅れ。10列め辺りだったかしら。
今回は最初から会場に並ばされて、12時からの整理券配布を待ちます。
その間に風船の用意がされて、なんだか上手い事設定できないようで、大変そうでした。
わたくし、この時点では「風船飛ばすんだな〜。」なんてお気楽に考えてました。
12時になって整理券配布開始。
 
今回は、預購版についていたパスポートにスタンプを押してくれます。
なので、正式版しか持ってなかった人は押して貰えませんでした。
急いで、買いに走っている人達もいましたね。
最初は、1枚だけかと思ってたので1枚だけ押して貰ったのですが、
後から箱買いの人達が大量に押して貰ってましたので、
私も再度残りの分にも押して貰いました。
そして、2時にあまり遅れることなくいつもの車登場。
会場は絶叫の嵐が吹きまくり。4名様登場しました。
すぐに、「漫遊中国」を歌い、続いてなんかしゃべってました。
そして、ファンをバックに写真を撮ったり、なんか丸い物を持ってみたり。
 
この辺りは、いろいろとお写真が出ていると思います。
中国語の分からない私は、なんかやってるって感じ。取材陣でよく見えないし。
そしていよいよ風船の取り合いイベント。
さすがに抱抱とか聞こえてきましたので、なにが起こるかは予想できました。
本当に真上に風船がありましたの。周囲が段々と迫ってきて、殺気が漂います。
で、4人様が舞台より降りてきて、紐を持って引っ張ります。
その後は下の動画状態。周り中で「沒有。沒有。」の嵐が吹き荒れました。
で、まあ幸いな事にけが人もなく、券を手に入れた幸せ者達が壇上にあがり、
ハグしてもらったり、ツーショットとってもらったりしてました。
その後、「月兒光光」を歌ってイベント終了。
サイン会の準備に入ります。その間に11番目の説明がありました。
 
サイン会はいつものようにサクサク進みます。
今回は、壇に上がる前に喬版大様御自ら手渡しで、
4人様が持っていた丸い容器の中のものを配ってくれました。紙で作った星です。
「日本から来たよ〜。」と言うと「Welcome to Taiwan!」とか言われました。
少々感激。私はあなたの書く詞が好きです。と伝える余裕はありません。
段々と協志さんに近づいていく訳で、なに言おうかとか頭の中ぐるぐるです。
サイン会は孟哲、紹偉、仁甫、協志の順番に並んでました。
「明けましておめでとうございます!」と「こんにちは!」「歌良いよ」
とか、日本語全開で3名様を通り過ぎて参ります。
3名様とも素敵なんですけど、目は前方を凝視ですのでそそくさです。
で、今回の会話はですね、まあまあかな?
「こんにちは!おめでとう!」「ありがとう」
「日本もアジアだよ〜。」「そうだね。」
「日本でも待っている子達がいるから。」「がんばるよ。」
その後なんだかしょうもないことを少々しゃべって
「次の中壢も行くから!」笑われました…。
その間およそ10秒くらいかしらね。もちろんすべて日本語です。
そして、サインを書き続ける彼らを残し、私は中壢へと急ぐのです。
ここで一言。サインはゴージャスに銀ペンでした。
すぐに重ねられました。いやー。思いっきりこすれてますから!泣きました。
 


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - レポとか旅の話とか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。